パイプが凍っていて水道が寸断さるリスク

新潟県修理隊

下階が空き家の場合に水道管が凍結しやすい

下階が空き家の場合、水道管が凍結する可能性があります。これは、空き家の場合、室内の温度が低くなり、外気温との温度差が大きくなるため、水道管が凍結しやすくなるからです。
凍結した水道管は、水の通りが悪くなったり、完全に詰まってしまったりすることがあります。凍結によって水道管が破裂することもあり、大きな被害をもたらすことがあります。
凍結を防ぐためには、以下の対策が考えられます。

室温の維持
下階の室内を温めることで、水道管の凍結を防ぎます。空き家の場合は、ある程度室温を維持するための暖房設備を導入するなどの対策が必要です。
水道管の断水
空き家に水を通さないように、水道メーターの止水栓を閉めることで、水道管の凍結を防ぐことができます。ただし、水道管内に水が残っている場合は、凍結のリスクがあります。
水道管の断熱
水道管に断熱材を巻いたり、保温カバーを取り付けたりすることで、水道管の凍結を防ぎます。

これらの対策を講じることで、下階が空き家の場合でも、水道管の凍結を防ぐことができます。

凍結しないための対策
凍結を防ぐための対策は以下の通りです。
室内の温度を維持する
水道管が設置されている部屋の温度を一定に保つことで、水道管内の水が凍結するのを防ぐことができます。寒い季節には、室内の温度を一定に保つために暖房器具を使用することが重要です。
水道管を保温する
水道管を保温材で覆うことで、水道管が外気との温度差によって凍結するのを防ぐことができます。特に、外壁に面した水道管は、断熱材で覆うなどして保温することが重要です。
水を滴らせる
水道管に水が滞留しないように、水道管を通る水を少しずつ滴らせることで、水道管内の水の凍結を防ぐことができます。ただし、水漏れの原因にもなるため、適切な量を滴らせるようにしてください。
外気との接触を避ける
水道管が外気と直接接触するような場所にある場合は、水道管を移動するか、断熱材で覆うことで、外気との接触を避けることができます。

これらの対策を講じることで、水道管の凍結を防ぐことができます。しかし、万が一水道管が凍結してしまった場合は、専門家に修理を依頼するか、凍結解除剤を使用するなどの対策を取ることが必要です。

賃貸マンションの凍結に火災保険が適用されるケース
賃貸マンションの凍結に関して、火災保険の適用があるかどうかは、契約内容や保険会社のポリシーによって異なります。一般的には以下のようなケースで火災保険の適用が考えられますが、具体的な保険契約の内容を確認する必要があります。
・水道管の凍結による水漏れ
凍結によって水道管が破裂し、それによって水漏れが発生した場合、一部の火災保険では水漏れによる被害も補償の対象となる場合があります。ただし、保険会社によっては特定の条件や免責事項が適用されることがあります。
・水道設備の修理費用
凍結によって水道設備が故障した場合、一部の火災保険では修理費用が補償の対象となることがあります。ただし、保険契約の内容や補償範囲によって異なるので、具体的な契約内容を確認する必要があります。

重要なのは、火災保険の適用条件や補償範囲は保険会社や契約内容によって異なることです。そのため、具体的な保険契約書を確認し、保険会社に問い合わせるか、保険代理店や水道業者と相談することが重要です。彼らは詳細な情報を提供し、特定のケースにおける火災保険の適用可否を評価することができます。

施工実績

水道設備で不具合を起こしている状態となります。水まわりでお困りの時には、マリン水道サービスにご相談下さい。
【不具合箇所】 水道設備
【作業前の様子】 家に帰ってきたらすべての水が出てこない状態でした。スマホで調べた水道業者さんに修理をお願いしようと考えご相談に乗っていただきました。

修理施工報告
マンションにお住いのお客様からお電話があり水が出てこないと言うことでした。
会社に行く前にいつも通りに水抜きをしていたけど原因がわからないということでしたから、お客さまの入居されてるお部屋が2階とのことでしたから1階に入居されている方がいるかお聞きしたところ、空室だということでした。
この場合には、1階のパイプスペース内で水道管が凍結してしまっていることが多くあります。修理をするためには、1階のお部屋からのアプローチが必要です。
空室だということでしたら建物を管理する管理会社。または、家主へ連絡をして対処してもらうしか手立てがありません。
お客様のお話では近くに家主が住んでいて、電話連絡ができるということで、折り返し電話があり立ち会いしていただけるということでしたので現場にお伺いをしました。
現場に到着後、状態を確認をさせていただき1階のパイプスペース内で水道管が凍結していることが判明し解氷修理をして、再度、水道管が凍らないように措置させていただくことになり解決することができました。
このようなケースは、氷点下以下になる寒くなる時期に多くありますので、水道が出てこないような場合には、下階が空室でしたら管理会社・は家主にご相談してください。
また、個人勝手に修理をすると自己負担となってしまうことが大多数ですから気をつけましょう。


修理受付から完了までの手引き


水道修理総合受付
copyright©2019 リベンジ隊 all rights reserved.