そのまま放置しておくと破裂の原因となる

新潟県修理隊

水道管が凍結してしまう前の対処法

水道管が屋内に配置されているのか屋外の地面より上にあるのかで対策する方法が異なってきます。年末に値り水道管が凍結させないための状況別の対処方法をご紹介しておきます。

断熱テープを使う
室外にある水道管は気温がマイナスになってしまうと凍りやすいです。とくに地表に出ているものは風の影響を受けやすいので保温をしないと、気温が-4°以下にならなくても凍ってしまうことがあります。こうならないためにも屋外の露出してある水道管は保温の為の断熱テープなどの製品を取り付けておきましょう。
タオルや緩衝材なども有効
急に冷え込むということで断熱テープがない場合には、不要になったタオルなどを水道管や蛇口に巻き付けるだけでも効果があります。また、引っ越しや荷物の梱包に使用されるプチプチと呼ばれる緩衝材も空気の層がありますので応急で水道管を保温してくれます。
水を出しっぱなしにする方法
宅内・屋外のどちらにも有効なのが水流させておくことです。この水を出しっぱなしにする方法ですと凍結しません。水流の勢いは、鉛筆の芯ほどの太さで水を出し続けることで水道管が完全に凍ってしまうのを防止する効果があります。
水抜き栓を使用する方法
宅内や屋外の蛇口に効果的な方法です。寒冷地の場合は水抜き栓が設置されていますので、長期間不在にする場合などは、水を抜いてしまうことで凍結を防げます。水抜きの仕方についてはメーカーごとに異なってきますので説明書をお読みになり正しい手順に従って行ってください。
室内の保温のポイントは間取り
リビングなど人が多くいる場所は室温が高いので特別な対処をしなくても水道管が凍ってしまうことがめったにありません。注意しなくてはいけないのが、トイレなどです。リビングから離れていることもあり室温が低い場所でもありますから十分に気を付ける必要があります。

水道管を凍結させない方法

水道管を凍結させない方法としては、以下のようなものがあります。

●水道管の断熱材の補強
水道管は冬場、室温よりも低い温度になることが多いため、断熱材を巻いたり、補強することで冷気から保護しましょう。
●ドアや窓の隙間を塞ぐ
冬場はドアや窓の隙間から冷気が入り込むことがあります。この冷気が水道管に当たることで、凍結することがあります。そこで、隙間を塞いで空気の流れを遮断することが大切です。
●水道管の水を止めずに水を滴らせる
水道管の水を止めてしまうと、水道管内に凍結した水が膨張して、水道管を破裂させることがあります。水を止めずに水を滴らせることで、水の流れを維持し、凍結を防ぎましょう。
●ヒーターを使用する
水道管の周りにヒーターを巻いて、水道管を暖めることで凍結を防ぐことができます。ただし、ヒーターを使う場合は安全に使用するように注意してください。
●水道管を地中に埋める
水道管を地中に埋めることで、外気の影響を受けにくくなります。ただし、地中に埋める場合は水漏れや凍結に備えた施設の設置など、専門家に相談することが必要です。

これらの方法を組み合わせて、水道管を凍結から守りましょう。また、もしも水道管が凍結してしまった場合は、すぐに凍結を解除するようにしてください。

事前に設備で対処する対策
水道管を凍結させないための対策としては、以下のようなものがあります。

●室内の温度を一定に保つ
水道管が通る部屋の温度を一定に保ち、凍結を防ぎます。寒い時期は、室温を適正な範囲に保つようにしましょう。
●水道管の断熱材を使用する
水道管を通る部屋には、断熱材を巻き付けたり、パイプカバーを使うことで、水道管の断熱性を高めることができます。
●水を滴らせる
水道管の通っている場所が寒い場合は、水を滴らせておくことで、水の流れが止まることによって凍結を防ぐことができます。ただし、水漏れの原因にならないように注意してください。
●水道管を暖める
水道管の通っている場所が寒い場合は、ヒーターなどで水道管の周りを暖めることもできます。ただし、火災や火傷などの危険性があるため、注意が必要です。

これらの対策を実施することで、水道管の凍結を防ぐことができます。また、万一凍結してしまった場合には、水を出さないようにして、業者に依頼することをおすすめします。

水道管を凍結させないために水抜きが必須である

水道管を凍結させないために、水抜きは有効な方法の一つです。以下に水抜きの手順をご紹介します。
●主止め弁を閉める
水抜きを行う前に、建物の主止め弁を閉めます。主止め弁は水道の供給を止める役割を果たします。
●水抜き弁を開く
水道管内の水を抜くために、水抜き弁を開きます。水抜き弁は通常、水道メーターの近くに設置されています。水抜き弁を反時計回りに回して開きます。注意してください。水抜き弁がない場合や見つけられない場合は、専門家に相談してください。
●水を抜く
水抜き弁を開いた後、水道管内の水を抜きます。水抜き弁から水が流れ出るまで待ちます。一般的には、水道管からの水流が止まるまで待つ必要があります。
●水抜き後の対応
水道管内の水を完全に抜いた後、水抜き弁を閉じます。また、主止め弁を再び開けて通常の水供給を回復します。

水抜きは寒冷地や冬季に長期間不在する場合などに特に有効です。水道管内の水を抜くことで、水が凍結して管が破損するリスクを軽減することができます。ただし、水抜きを行う際には、適切な手順を踏んで行い、水道管や設備に与える影響に注意してください。また、水抜きを行う前には必ず専門家に相談し、適切な対策を取ることをおすすめします。


新潟県の取扱いメーカー一覧


サポート総合受付
copyright©2019 新潟県修理隊 all rights reserved.