水道設備の再点検で水トラブルを防ぐ

新潟県修理隊

水道が使えなくなる凍結とわ!

外気温がマイナス4°c以下になってしまうと水道管や給水・給油のパイプに水が残っていると凍結してしまうことがあり水道が使えなくなってしまうばかりか、そのまま放置しておくと破裂してしまうこともありますので十分に注意が必要です。
急激な寒さで蛇口のハンドルをひねっても水が出ない、水道管が破裂するなどの思わぬ大きな水トラブルに見舞われないためにも気温がマイナス4°c以下を下回りそうな日には、事前に凍結防止策をしておくことが必要となってきます。
寒くなってくる前に行っておきたい対策として、水道管やパイプの保温をすることです。
屋外に設置されている水栓をはじめ、トイレや洗面所など水回りのパイプや給水管がむき出しになっているのであれば保温材を巻くなどする対策を講じましょう。
対策は簡単でボロ布や緩衝材などを巻きつけたりタオルなどを巻きつけておくなど、家にあるもので安上がりで応急対処できます。水道メーターボックスは、砕いた発泡スチロールやボロ布や新聞紙などを隙間に詰め込んで保温するとよいでしょう。
近年の異常気象で大都市圏でも気温がマイナス4°c以下を下回ってしまうようなことがありますので冷え込む予報が発令された時には、事前の保温対策をすることが望ましいでしょう。
上記の対策はできないような時に応急対処もすることができますのでますのでご紹介しておきます。水道料金は少し加算されますが水の流水をさせておけば水が凍ることがありません。蛇口の水を出しっぱなしにすることで水道管内の保温にもなり凍結しにくくなります。
水道料金がもったいないと思われるかもしれませんが大量に水を出しておく必要がなく、チョロチョロ程度で十分に効果があります。ほんの少しだけ水道料金の無駄遣いをすることになりますが水道配管屋水道設備が凍結してしまった場合の修理料金と比較したら遥かに安く済みますので覚えておきましょう。
数年前の関東の爆弾低気圧では、大多数の民家で水道が使えなくなってしまい、修理に数日かかってしまったという事例もありますので、お住まいの地域が寒冷地でなくても水道管やパイプなどの凍結対策を十分にしておく必要があります。

新潟県で水道菅が凍結する確率

新潟県の気候は冬季には降雪や寒波があり、水道管の凍結のリスクが高くなります。具体的な確率については、各地域の気象データによって異なりますので、正確な数字をお伝えすることはできません。ただ、水道管の凍結が心配な場合は、事前に対策を講じておくことが重要です。

水道設備で対策
水道設備で凍結を防止するためには、以下のような対策が考えられます。
水道管を暖かい場所に設置する
屋内にある水道管は、冬場に暖房が入る場所に設置することで凍結を防止できます。屋外にある水道管は、地下や建物の壁の中に埋めるなどして、風や気温の影響を受けにくくすることが大切です。
水道管を断熱する
水道管を断熱材で包むことで、管内の水の温度を保つことができます。特に、屋外にある水道管は、保温材で包むことで効果的です。
水道管周辺の風通しを良くする
風通しが悪い場所に水道管があると、周囲の気温が下がりやすく、凍結しやすくなります。風通しを良くするために、樹木や物置などを移動することも考えましょう。
水道管を水抜きする
冬季には水道管内の水を抜くことで、凍結を防止できます。ただし、水を抜いてしまうと水が出なくなってしまうので、注意が必要です。
温水シャワーを使う
水道管内に温水を循環させることで凍結を防止できます。この方法は、温水シャワーなどの設備を使って行うことができます。

これらの対策をうまく組み合わせることで、水道管の凍結を防止することができます。

凍結防止ヒーターの導入を考える
凍結防止ヒーターの導入は、水道設備の凍結を防止するためには有効な方法の一つです。導入する場合は、以下のような点に注意してください。
ヒーターの選定
適切なヒーターの選定が重要です。設備の長さや径、水道管の種類などに合わせて適切なヒーターを選びましょう。
取り付け場所の検討
ヒーターを取り付ける場所は、水道管が凍結する場所や、水道メーター、バルブ、配管部分などが候補となります。ただし、取り付ける場所によっては、配管の取り回しが複雑になったり、電気配線が必要になったりする場合があります。
電気工事の専門業者への依頼
ヒーターの取り付けには電気工事が必要です。安全面を考慮して、専門の業者に依頼することをおすすめします。
●電気代の見積もり
ヒーターを使用することで、電気代が増加する場合があります。導入前に電気代の見積もりをしておくことが必要です。
メンテナンス
ヒーターを使用することで、水道設備の寿命が短くなる可能性があります。定期的なメンテナンスを行い、長期間安心して使用できるようにしましょう。

水道管が凍結した時の初期対応
水道管が凍結した場合、以下の初期対応策を実施することが重要です。
水の使用を停止する
凍結した水道管に水を流すことはさらなる損傷を引き起こす可能性があります。すぐに水の使用を停止し、水道栓を閉めてください。
ドアや窓を開けて通気を確保する
凍結が起きている水道管周辺の温度を上げるために、室内の温度を上げるためにドアや窓を開けて通気を確保します。これにより、周囲の温度が上昇し、凍結が解けやすくなります。
温風を当てる
凍結した水道管の周りに温風を当てることで、凍結を解消することができます。ヘアドライヤーを低温モードで使用し、凍結箇所に直接熱風を当てます。ただし、火気の近くや可燃物の近くで使用しないように注意してください。
温める
凍結した水道管が通っている壁や天井などを温めることで、凍結を解消することができます。タオルやヒーターを使用して、凍結した箇所を温めましょう。また、温風暖房やストーブなどを使用して部屋全体の温度を上げることも有効です。
専門家に相談する
自力で凍結を解消できない場合や、水道管に損傷が生じた場合は、水道業者や配管専門業者に相談することをおすすめします。専門家は凍結の原因を特定し、適切な対策を講じてくれるでしょう。

重要なのは、水道管が凍結した場合は慌てずに冷静に対処することです。適切な対応を行うことで、水道管の損傷を最小限に抑え、修理や交換の必要性を減らすことができます。


取扱いメーカー一覧
受付から完了までの手引き
新潟県の水漏れトラブルでお困りの現場にお伺いをして修理解決に対応致します。電話無料相談にも応じていますので水まわりでお悩みがありましたらお問い合わせ下さい。


水道修理総合受付
copyright©2019 新潟県修理隊 all rights reserved.