排水口からの悪臭が初期症状として多い

新潟県修理隊

お風呂場で詰まりが起きた時の現状

トイレ以外で生活の中で欠かせない場所と言えるのがお風呂です。


常に綺麗にしておきたい場所ですが汚れているものを流すのでどうしても汚れてしまうのは仕方ありません。また、どうしても避けられないのが排水講の詰まりです。 日頃から生活排水の詰まりを意識して髪の毛を取る習慣があればいいのですが、日常生活でそこまで排水講の詰まりに注意して生活している人は少ないと言えるでしょう。
けれども、実際に使用するシャンプーや石鹸が原因で詰まりは起こしているのです。 私達が過去に水道修理の依頼を受けて現場に出向くと、お風呂の排水トラップを確実に最初に点検しました。
その時は、水はけが悪く水が少したまっていました。 お客様は「できるだけ早く水道修理をお願いします!」と、言っていましたが焦らずに症状を確認し判定しました。
この時は、低圧力ポンプを使用しました。このポンプは詰まりとなっている原因物を引き出したり圧力をかける事で詰まりの原因を排水管に送る事もできツールです。また、その時にでてきたものは、大量の髪の毛と髪の毛に絡まった粘ついた石鹸カスが原因でした。皮膚の角質が粘着したものでこれがこびりついていたのです。

実績を兼ね備えた業者ならではの作業が重要となってきますので、水回りの相談ができる水道業者を事前に探しておくとよいでしょう。

風呂の排水詰まり対処法

風呂の排水が詰まってしまった場合には、以下のような対処法があります。
●ヘアキャッチャーの掃除
風呂場の排水口にはヘアキャッチャーがついていることがあります。これを外して中の髪の毛や石鹸カスなどを取り除くことで、詰まりを解消できる場合があります。
●排水口クリーナーの使用
排水口クリーナーを使用することで、排水管内の汚れや詰まりを溶かし流すことができます。ただし、化学物質が含まれているため、使用方法を守り、取扱いには注意が必要です。
●ハンガーを使った掃除
ハンガーを曲げて針金状にし、排水口から中に入れてつまりを取り除く方法です。しかし、針金が排水管内で曲がってしまうことがあるため、注意が必要です。
●プロに依頼する
詰まりがひどい場合や、自分で解消できない場合には、水道業者に依頼することができます。専門的な機材を使って、しっかりと原因を特定し、解消してくれます。

なお、風呂場での詰まりは、予防策として定期的な掃除を行うことが重要です。特に、髪の毛や石鹸カスなどの固形物を落とすことができるヘアキャッチャーの掃除は、詰まりを予防するために欠かせません。

業者依頼したときの概算
風呂の排水詰まりを解消するために業者に依頼する場合、費用は詰まりの原因や深刻度によって異なります。一般的には、簡単な詰まりであれば、数千円程度で解消できることもありますが、根本的な原因がある場合や、トイレや洗面台とのつながりが悪い場合などは、数万円程度の費用がかかることもあります。業者によって料金が異なるため、複数の業者から見積もりを取って比較することをおすすめします。また、業者の選定には、適正な価格設定や信頼性、対応力などを確認することが重要です。

浴室の排水溝や排水菅の詰まり抜き修理について
浴室の排水溝や排水管の詰まり抜き修理には以下の方法があります。
・ハンドル付きの排水溝クリーナーを使用する: ハンドル付きの排水溝クリーナーは、長い柄とフック状の先端が特徴です。これを排水溝に差し込んで回転させることで、詰まりを解消することができます。回転させることで詰まりをかき出す効果があります。
・ドレインクリーナーやパイプクリーナーを使用する: ドレインクリーナーやパイプクリーナーは、市販されている液体状の薬剤です。これを詰まりのある排水溝や排水管に注ぎ込み、一定の時間放置します。薬剤が詰まりを溶かし、流れを改善します。ただし、薬剤の使用には注意が必要で、使用方法や安全性についての指示に従うことが重要です。
・排水溝のフタを外して手作業で詰まりを取り除く: 排水溝のフタを外して、詰まりの原因物を手作業で取り除くこともあります。髪の毛や石鹸カスなどが詰まりの原因となることが多いです。手袋やビニール袋を使用して衛生的に作業を行いましょう。
・専門業者への依頼: もし自力で詰まりを解消できない場合や、頻繁に詰まりが発生する場合は、専門の配管業者や修理業者に依頼することを検討しましょう。専門の技術と適切な道具を持っている業者が詰まりを解消し、必要な修理を行ってくれます。

ただし、排水溝や排水管の詰まり抜き修理は、状況や詰まりの原因によって対処方法が異なる場合があります。安全性や効果的な対処方法を確認するために、専門業者への相談や依頼を検討することが重要です。


新潟県の取扱いメーカー一覧


水道修理総合受付
copyright©2019 新潟県修理隊 all rights reserved.